人気ブログランキング |

2014年 04月 18日 ( 1 )

鵯桜(ヒヨドリザクラ)

d0125765_15554991.jpg

鵯桜(ヒヨドリザクラ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
サトザクラの仲間で、カスミザクラ系である。
江戸時代の元禄年間からその名が登場し、1916年に三好学博士によって記載された。
その後、長い間、絶滅したものと考えられていた。
しかし、1970年に石川県七尾市にあったものが再発見された。
樹高は5メートルから10メートルくらいである。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉や葉の柄、花の柄に毛が生える。
開花時期は4~5月で、遅咲きである。
花径4センチくらいの濃い紅色の大輪で、菊咲きをする。
花弁数は300~450枚くらいあり、咲き進むと球形になる。
雌しべが葉化するのが特徴である。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の lannesiana はフランス人の園芸家「ランヌ(Lannes)さんの」という意味である。
品種名の Longipedunculata は「長い花柄の」という意味である。
写真は5月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Prunus lannesiana 'Longipedunculata'


★鵯の羽根を思わす桜とか
 花の歴史の長きを思い

d0125765_1556096.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
by sikino-hana | 2014-04-18 15:57 | 春の花