人気ブログランキング |

2013年 07月 12日 ( 1 )

深山独活(ミヤマウド)

d0125765_10194051.jpg

深山独活(ミヤマウド)はウコギ科タラノキ属の多年草である。
日本固有種である。
本州の関東地方から中部地方にかけて分布し、山地や亜高山の林の中や岩場に生える。
草丈は50~100センチくらいである。
茎は独活(ウド)よりも細い。
葉は2~3回羽状複葉である。
小葉の形は卵形で先は尾状に尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6~8月くらいである。
茎先や上部の葉の脇から散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を出し、花径3ミリくらいの紫色を帯びた緑色の5弁花をつける。
花の後にできる実は球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、熟すと黒紫色になる。
属名の Aralia は最初の標本についていたケベック州の現地語「aralie」からきている。
種小名の glabra は「無毛の」という意味である。
写真は8月に志賀高原の東館山高山植物園で撮った。
学名:Aralia glabra


★山に咲く独活の花とのご対面
 姿は少し違っているね
d0125765_10195672.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
by sikino-hana | 2013-07-12 10:24 | 夏の花