人気ブログランキング |

2012年 07月 08日 ( 1 )

アポイ鍬形(アポイクワガタ)

d0125765_1347630.jpg

アポイ鍬形(アポイクワガタ)はゴマノハグサ科ルリトラノオ属の多年草である。
分類体系によってはオオバコ科とされる。
北海道の日高地方にのみ分布し、アポイ岳などの蛇紋岩地帯に生える。
分類上は、北海道に分布する菊葉鍬形(キクバクワガタ)の変種とされている。
菊葉鍬形(キクバクワガタ)が蛇紋岩地で変化したもので、基本種よりも葉が細い。
草丈は10センチくらいである。
葉は卵形で羽状に深く裂け、向かい合って生える(対生)。
葉には軟毛が生え、白っぽく見える。
開花時期は6~8月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青紫色の花を固めてつける。
花径は1センチくらいである。
花冠は花びらのように4つに裂ける。
1本の雌しべと2本の雄しべが長く突き出る。
花の後にできる実は平べったいさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、先が窪んでいる。
「鍬形」の由来は、実につく2枚の萼片を兜の鍬形にたとえたものである。
属名の Pseudolysimachion はギリシャ語の「pseudo(偽)+Lysimachia(オカトラノオ属)」からきている。オカトラノオ属に似たという意味合いである。
種小名の schmidtianum はサハリンの植物の研究家「シュミット(F. Schumidt)さんの」という意味である。
変種名の yezo-alpinum は「北海道の高山に生える」という意味である。
品種名の exiguum は「ちっぽけな」という意味である。
写真は4月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Pseudolysimachion schmidtianum var. yezo-alpinum f. exiguum


★数々の種を生み出したアポイ岳
 聳える山に登る日夢見て
d0125765_13472379.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by sikino-hana | 2012-07-08 13:51 | 夏の花