人気ブログランキング |

2012年 06月 16日 ( 1 )

ロードデンドロン・パキサンツム

d0125765_9525517.jpg

ロードデンドロン・パキサンツムはツツジ科ツツジ属の常緑低木である。
原産地は台湾である。
中国名は「台湾山地杜鵑」である。
標高3000~3200メートルの高山に生える。
樹高は120センチくらいである。
枝は軟毛で被われる。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
若い葉には黄褐色の軟毛が密生する。
やがて毛は落ちて表面は濃い緑色になる。
葉の裏面は淡い茶色で、赤褐色の軟毛が生える。
開花時期は春から夏である。
花径4センチくらいの広い漏斗状の花を10~20輪ずつつける。
花の色は白ないし淡い紅色で、紫ないし紅色の斑点が入る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の pachysanthum は「太い花の」という意味である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Rhododendron pachysanthum


★高山に這うようにして咲くという
 石楠花の花けな気に見えて
d0125765_9531177.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by sikino-hana | 2012-06-16 09:55 | 夏の花