人気ブログランキング |

2012年 06月 11日 ( 1 )

礼文小桜(レブンコザクラ)

d0125765_11153983.jpg

礼文小桜(レブンコザクラ)はサクラソウ科サクラソウ属の多年草である。
北海道の固有種である。
礼文島、手塩地方、空知地方、北見山地、知床半島だけに分布し、山地の岩場や乾いた草地に生える。
分類上は、雪割草(ユキワリソウ)の変種とされている。
基本種よりも大形である。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は10~20センチくらいである。
葉はさじ形で、下部は狭まって柄のようになる。
葉の縁はやや裏側に曲がる。
自生地での開花時期は5~7月である。
茎先に散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、淡い紅紫色の花を10輪くらいボールのようにかためてつける。
花径は10~15ミリくらいである。
花冠は5つに分かれて真ん中は黄色く、裂片の先は2つに割れている。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Primula はラテン語の「primos(最初)」縮小形である。プリムラ・ベリスが早春に他に花に先駆けて咲くことから名づけられた。
種小名の modesta は「内気な」という意味である。
変種名の matsumurae は植物分類学者「松村任三さんの」という意味である。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Primula modesta var. matsumurae


★わいわいと春の歓び伝え合う
 乙女のごとく礼文小桜
d0125765_11155629.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by sikino-hana | 2012-06-11 11:18 | 夏の花