人気ブログランキング |

2012年 05月 30日 ( 1 )

玉咲き桜草(タマザキサクラソウ)

d0125765_8333935.jpg

玉咲き桜草(タマザキサクラソウ)はサクラソウ科サクラソウ属の多年草である。
原産地は中国西部、ヒマラヤ、アフガニスタンなどである。
標高1500~4000メートルくらいの地域に生える。
学名からプリムラ・デンティクラタの名も用いられる。
寒さに強く強健なので、北海道や信州などの寒冷地で植栽されている。
草丈は10~50センチくらいである。
根際から生える葉は細長い楕円形である。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、葉の柄には翼がある。
開花時期は3~5月である。
小さな花が集まってピンポン玉のような球状の花序を出し、紅紫色の花をつける。
白花の品種もある。
花冠は5つに深く裂け、さらに裂片が2つに裂ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Primula はラテン語の「primos(最初)」縮小形である。プリムラ・ベリスが早春に他に花に先駆けて咲くことから名づけられた。
種小名の denticulata は「細かい鋸歯のある」という意味である。
写真は3月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Primula denticulata


★真ん丸く花を集めて桜草
 ピンクの夢が膨らむように
d0125765_834096.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by sikino-hana | 2012-05-30 08:40 | 夏の花