人気ブログランキング |

2012年 05月 28日 ( 1 )

まい瑰(マイカイ)

d0125765_954773.jpg

まい瑰(マイカイ)はバラ科バラ属の落葉低木である。
漢字もあるのだが、作字をしないと表示できないので平仮名交じりとする。
マイは「攻」の字の偏を「王」にしたものを充てる。
原産地は中国である。
日本へは江戸時代に渡来した。
日本にも分布する浜梨(ハマナス)の近縁種である。
かつては両者が同一であると考えられていた時代もある。
現在では、本種は浜梨(ハマナス)の変種であると考えられている。
また、牧野富太郎博士は両者がまったくの別物であると考え、異なる種小名をつけた。
樹高は1メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月である。
花は中輪で半八重咲きである。
花の色は濃い紅紫色で、よい香りがする。
花や蕾を干したものはローズ油の原料とされる。
また、蕾を干したものは中国茶に利用される。
花の後にできる実は偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)である。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
種小名の odorata は「よい香りのする」という意味である。
変種名の ihea は江戸時代の園芸家「伊藤伊兵衛さんの」という意味である。
写真は5月に東京都薬用植物園で撮った。
薬用植物園での学名表示は牧野説をとっている。
学名:Rosa odorata var. ihea(=Rosa rugosa var. plena)


★薄っすらとその名は知っていたけれど
 実物を見てほっと溜め息
d0125765_962947.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by sikino-hana | 2012-05-28 09:13 | 春の花