人気ブログランキング |

2012年 01月 16日 ( 1 )

姫有明葛 (ヒメアリアケカズラ)

d0125765_13222095.jpg

姫有明葛 (ヒメアリアケカズラ)はキョウチクトウ科アリアケカズラ属の常緑低木である。
原産地はブラジルである。
有明葛 (アリアケカズラ:Allamanda cathartica)は半蔓性だが、本種は常緑低木である。
英名はブッシュ・アラマンダ(bush allamanda)である。
樹高は120~150センチくらいである。
葉は長めの楕円形で、3枚から5枚が向かい合って生える(対生)。
輪生をすることもある。
開花時期は周年である。
花は枝先に集まってつく。
濃い黄色のラッパ状の花で、花冠の内側には淡い赤褐色の筋がある。
なお、「有明」の名のつく花には黄花が多い。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)で、栗のイガのような形をしている。
属名の Allamanda はスイス人の植物学者「アラマン(J. N. S. Allamand)さん」の名からきている。
種小名の neriifolia は「キョウチクトウ属(Nerium)のような葉の」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Allamanda neriifolia


★筒形の花は黄金の色をして
 中にほっそり紅の筋つけ
d0125765_1323079.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by sikino-hana | 2012-01-16 13:26 | 四季咲きの花