人気ブログランキング |

2011年 11月 05日 ( 1 )

犬山薄荷(イヌヤマハッカ)

d0125765_6452710.jpg

犬山薄荷(イヌヤマハッカ)はシソ科ヤマハッカ属の多年草である。
本州の関東地方西部から中部地方にかけて分布し、山地の林の中に生える。
草丈は20~80センチくらいである。
葉は長めの楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、葉の表面には薄い毛が生える。
開花時期は9~10月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、唇形をした青紫色の花をたくさんつける。
花(花冠)は筒状で、先が2つに裂ける。
上唇は浅く4つに裂けて反り返る。
山薄荷(ヤマハッカ)の場合は上唇に濃い紫色の筋が入るが、本種には筋がない。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
和名の由来は、「山薄荷」に似るがそれとは異なる(「犬」は「否」の転訛)というところからきている。
属名の Plectranthus はギリシャ語の「plectron(距)+anthos(花)」に由来する。距のある花の形を表したものである。
種小名の umbrosus は「日蔭地を好む」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Plectranthus umbrosus


★透き通る青紫の花こぼし
 犬山薄荷は林の中に
d0125765_6455616.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





by sikino-hana | 2011-11-05 06:48 | 秋の花