2009年 09月 16日 ( 1 )

釣鐘人参(ツリガネニンジン)

d0125765_527183.jpg

釣鐘人参(ツリガネニンジン)はキキョウ科ツリガネニンジン属の多年草である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山野や土手に生える。
海外では、サハリンや中国などにも分布する。
葉の形や付き方に変異が多いという。
和名の由来は、花が釣鐘状で、根が朝鮮人参(チョウセンニンジン)に似ているところからきている。
草丈は60~90センチくらいである。
葉は普通3~4枚が輪になって生える(輪生)。
葉の形は長い楕円形で、輪生する。
稀に互い違いに生える(互生)ものや向かい合って生える(対生)ものもある。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8~10月である。
茎の上部で4段から6段に分かれて、青紫色の鐘状の花を下向きに輪生する。
花冠の先は浅く5つに裂け、花柱(雌しべ)は花から長く突き出る。
近縁種の岨菜(ソバナ)と似ているが、花の付き方で区別ができる。
春の若芽は山菜として親しまれている。
太い根茎は生薬で沙参(しゃじん)といい、鎮咳、去痰などの薬効がある。
写真は9月に氷見市海浜公園で撮った。
海岸型なので背丈が低く、全体像がわかりやすい。
学名:Adenophora tripylla var. japonica


★ぶら下がる紫の鐘風に揺れ
 涼を満喫夏の半島

d0125765_5273959.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2009-09-16 05:28 | 秋の花