2009年 09月 15日 ( 1 )

八丈菜(ハチジョウナ)

d0125765_642416.jpg

八丈菜(ハチジョウナ)はキク科ハチジョウナ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、海岸の砂地や荒地に生える。
和名の由来は、八丈島の原産と誤認されたことによるという。
草丈は30~100センチくらいになる。
地下茎を伸ばして増え、茎は直立する。
葉は長めの楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉には柄はなく、つけ根は茎をわずかに抱く。
葉の裏面は白っぽい。
葉が羽状に裂けるのは変種の台湾八丈菜(タイワンハチジョウナ)である。
開花時期は7~10月である。
茎先で枝分かれをし、花径3~4センチの黄色い舌状花からなる頭花を数個つける。
総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)は15~20ミリくらいで、密に毛が生える。
野芥子(ノゲシ)の仲間で、葉や茎を切ると白い汁が出る。
写真は9月に氷見市海浜植物園で撮った。
学名:Sonchus brachyotus


★蒲公英によく似た花をつけて咲く
 海の香りに引き寄せられて

d0125765_644245.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2009-09-15 06:05 | 秋の花