人気ブログランキング |

2009年 09月 13日 ( 1 )

浜苦菜(ハマニガナ)

d0125765_7523795.jpg

浜苦菜(ハマニガナ)はキク科ニガナ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、海岸の砂浜に生える。
海外では、朝鮮半島、中国、ベトナム、カムチャツカ半島などにも分布する。
草丈は5~15センチくらいである。
茎は砂地の中を這って伸びる。
葉は長さが3センチくらいで、手のひら状に3つから5つに裂ける。
葉はやや肉厚である。
葉には長い柄があるが、砂地の中にもぐっている。
開花時期は4~10月である。
葉の脇から長い花の柄を出し、花径2~3センチの黄色い花(頭花)をつける。
頭花は15~20枚の舌状花からなる。
別名を浜銀杏(ハマイチョウ)という。
葉が「銀杏」に似ていることからつけられた名である。
写真は6月に富山県氷見市で撮った。
学名:Ixeris repens


★ふと見れば砂に埋もれてただ一輪
 浜苦菜咲く静かな浜辺

d0125765_7525813.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2009-09-13 07:54 | 秋の花