2009年 09月 05日 ( 1 )

燕尾仙翁(エンビセンノウ)

d0125765_6495024.jpg

燕尾仙翁(エンビセンノウ)はナデシコ科センノウ属の多年草である。
北海道の胆振地方、日高地方と本州の埼玉県、長野県に隔離分布し、山地の草原に稀に生える。
海外では、ウスリー、中国東北部、朝鮮半島にも点々と分布している。
環境省のレッドリスト(2007)では、「ⅠA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
草丈は50~70センチくらいである。
長い卵形の葉が向かい合って生える(対生)。
開花時期は7~8月である。
茎先に真紅の花を開く。
花びらは5枚で、深い切れ込みがある。
それぞれの花びらが縦に4つに裂け、中央の2つの裂片が長い。
まるで線香花火のように見える。
名の由来は、花の様子を燕尾(ツバメの尾)に譬えたものである。
写真は8月の軽井沢町植物園で撮った。
学名:Lychnis wilfordii


★艶やかに花火飛び交う白日夢
 燕尾仙翁花を咲かせて

d0125765_6502096.jpg


花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2009-09-05 06:51 | 夏の花