人気ブログランキング |

2009年 06月 17日 ( 1 )

支那瓜の木(シナウリノキ)

d0125765_557222.jpg

支那瓜の木(シナウリノキ)はウリノキ科ウリノキ属の落葉小高木である。
原産地は中国である。
樹高は5~8メートルくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
若い木では、葉は2つか3つに浅く裂ける。
開花時期は6~7月である。
葉の脇に白い小さな6弁花を垂れ下げてつける。
花弁は細長く、外側に反り返る。
雄しべは12本、雌しべは1本である。
黄色い葯(雄しべの花粉を入れる袋)が目立つ。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Alangium chinense


★面白い反った姿に笑み漏れる
 初めて見たよ支那瓜の花

d0125765_5571897.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2009-06-17 05:58 | 夏の花