人気ブログランキング |

2008年 10月 21日 ( 1 )

筑波鳥兜(ツクバトリカブト)

d0125765_65794.jpg

筑波鳥兜(ツクバトリカブト)はキンポウゲ科トリカブト属の多年草である。
本州の東北地方南部から中部地方にかけて分布し、山地の草原や林の縁などに生える。
名の由来は、筑波山で発見されたことによる。
分類上は、山鳥兜(ヤマトリカブト)の亜種とされる。
草丈は60~150センチくらいである。
葉が3全裂し、これが本種の特徴である。
開花時期は8~10月である。
茎先や葉の腋から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、紫色の花を咲かせる。
花びらのように見えるのは萼である。
左右対称の花で、2枚の下萼片、2枚の側萼片、1枚の頂萼片があり、頂萼片が兜状になる。
2枚の花弁は頂萼片の内側に隠れる。
また、花の柄に曲がった毛が密生するのも特徴である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Aconitum tsukubense(=Aconitum japonicum ssp. maritimum)


★待ちかねた時がとうとうやって来た
 近づき写せる筑波の地にて

d0125765_652982.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2008-10-21 06:06 | 秋の花