人気ブログランキング |

2008年 09月 15日 ( 1 )

山萩(ヤマハギ)

d0125765_813019.jpg

山萩(ヤマハギ)はマメ科ハギ属の落葉低木である。
北海道から九州にかけて分布し、低地や山地の日当たりのよい草地や林の縁などに生える
海外では朝鮮半島、中国、ウスリー地方などにも分布する。
樹高は1~2メートルくらいである。
枝はほとんど枝垂れない。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は幅の広い楕円形ないし円形で、先は丸い。
葉の裏面には毛が生える。
開花時期は7~9月である。
枝先の葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、紅紫色をした蝶形の花をつける。
花序が長く伸び、花が葉から突き出ている。
秋の七草の1つである。
写真は9月に市川市万葉植物園で撮った。
俳句の季語は秋である。
学名:Lespedeza bicolor


★ほんのりと薄紅塗まぶし山萩は
 舞いに興ずる秋は麗らか

d0125765_8132227.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2008-09-15 08:14 | 秋の花