人気ブログランキング |

2008年 05月 16日 ( 1 )

蛇結茨(ジャケツイバラ)

d0125765_52013.jpg

蛇結茨(ジャケツイバラ)はマメ科ジャケツイバラ属の蔓性落葉低木である。
本州の宮城県・山形県から沖縄にかけて分布し、山地の川岸や林の縁に生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
樹高は1~2メートルである。
枝は蔓状で、鋭い鉤状の棘がある。
葉は2回羽状複葉で、互い違いに生える(互生)。
枝分かれしたそれぞれの先に、鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される。
小葉の形は長い楕円形である。
開花時期は5~6月である。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い5弁花をたくさんつける。
花径は3センチくらいである。
マメ科だが完全な蝶形にはならず、花弁の重なりが上を向く。
1枚の花弁に赤い筋が入る。
萼片は黄緑色で5枚である。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
写真は5月に市川市万葉植物園で撮った。
学名:Caesalpinia decapetala var. japonica


★鮮やかな黄金の色に驚いて
 名を問うて知る蛇結茨と

d0125765_5202752.jpg

花図鑑
by sikino-hana | 2008-05-16 05:20 | 夏の花