人気ブログランキング |

2008年 04月 28日 ( 1 )

仙洞草(セントウソウ)

d0125765_681690.jpg

仙洞草(セントウソウ)はセリ科セントウソウ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の林の中に生える。
草丈は10~30センチくらいである。
根際から生える葉は2回3出複葉である。
3出複葉というのは三つ葉のことで、それをもう1回枝分かれさせて1枚の葉となる。
小葉の形は卵形で、鈍くて粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
茎や葉の柄は紫褐色を帯びる。
開花時期は3~5月である。
茎先に茎先に複散形花序を出し、花径1ミリくらいの白い小さな花をたくさんつける。
散形花序というのは、茎先からたくさん枝が出て、その先に1個つずつ花がつく花序のことである。
複散形花序というのは、たくさん出た枝先に小さな散形花序がつくというように散形花序が組み合わさってできている。
複散形花序は、セリ科の多くに見られる特徴である。
小散形花序は3つから5つくらいある。
花びらは5枚で、雄しべが花びらより長い。
名の由来としては、仙人の住む洞に咲くという説や先頭を切って咲くという説がある。
別名を黄蓮騙し(オウレンダマシ)という。
これは葉が芹葉黄蓮(セリバオウレン)に似ているところからきている。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Chamaele decumbens


★肉眼じゃどこがどうやらわからない
 仙洞草はミクロの世界

d0125765_69668.jpg

花図鑑
by sikino-hana | 2008-04-28 06:09 | 春の花