人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< とから紫陽花(トカラアジサイ) クニフォフィア・ノルシアエ >>

バーバスカム・オリンピカム

バーバスカム・オリンピカム_d0125765_8195931.jpg

バーバスカム・オリンピカムはゴマノハグサ科モウズイカ属の多年草である。
日本でも野生化しているビロード毛蕊花(ビロードモウズイカ)の仲間で、ヨーロッパ、北アフリカ、西アジアなどに分布する。
モウズイカ属は英名をマレイン(mullein)といい、イングリッシュガーデンで人気があるという。
本種はグレックマレイン(Greek mullein)と呼ばれている。
種小名のは「ギリシャの」を意味する。
つくば植物園では「シルバームレイン」(silver mullein)と表示しているが、この名称はボンビシフェラム種(Verbascum bombyciferum)に使われることが多いようである。
草丈は50~200センチくらいである。
根際から生える葉は楕円形で、ロゼット状となり大きい。
葉は全体を白い綿毛が覆い、ビロード状で美しい。
茎につく葉は互い違いに生え(互生)、茎の上部へいくほど小さくなる。
開花時期は5~9月くらいである。
花茎を伸ばして穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い5弁花を疎らにつける。
花径は2~3センチである。
写真は5月につくば植物園で撮った。
Verbascum olympicum


★ずんと咲く背高のっぽのマレインに
 後ずさりして腕組み眺め

バーバスカム・オリンピカム_d0125765_8202018.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2009-06-01 08:21 | 夏の花
<< とから紫陽花(トカラアジサイ) クニフォフィア・ノルシアエ >>