人気ブログランキング |
<< ディスティクティス 琉球萩(リュウキュウハギ) >>

紅筒花(ベニツツバナ)

d0125765_8425131.jpg

紅筒花(ベニツツバナ)はキツネノマゴ科オドントネマ属の常緑半低木である。
学名のオドントネマ・ストリクツムで表示するところもある。
原産地は中央アメリカで、林の中や林の縁に生える。
草丈は1~2メートルである。
葉は細長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の色は濃い緑色で艶がある。
開花時期は6~11月だが、暖地では周年性がある。
茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、真っ赤な筒状の花をたくさんつける。
英名はファイヤースパイク(fire spike:炎の穂)である。
写真は12月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Odontonema strictum


★燃え上がる炎のような紅の花
 暑い陽射しになえることなく

d0125765_8438100.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2008-12-21 08:44 | 四季咲きの花
<< ディスティクティス 琉球萩(リュウキュウハギ) >>