人気ブログランキング |
<< 丸葉梯梧(マルバデイゴ) アノダ・クリスタータ >>

薙刀香需(ナギナタコウジュ)

d0125765_66864.jpg

薙刀香需(ナギナタコウジュ)はシソ科ナギナタコウジュ属の一年草である。
漢字の「需」の字には正しくは「クサカンムリ」がつく。
北海道から九州にかけて分布し、日当たりのよい野原などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国、シベリアなどにも分布する。
草丈は30~60センチくらいである。
茎は断面が四角形で直立し、上部でやや枝分かれをする。
全体に軟毛が生える。
葉は長めの卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は9~10月である。
茎先に太い花穂を出し、淡い紫色の唇形をした花を片側だけに密につける。
この様子を「薙刀」に見立てたのが名の由来である。
茎葉を乾燥させたものを生薬で香需(こうじゅ)といい、解熱、発汗、利尿などの薬効がある。
全草に精油を含み、強い香りがある。
写真は10月に箱根の仙石原で撮った。
学名:Elsholtzia ciliata


★個性ある花の姿で顔を出す
 秋の野原の薙刀香需

d0125765_663258.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2008-10-31 06:08 | 秋の花
<< 丸葉梯梧(マルバデイゴ) アノダ・クリスタータ >>