人気ブログランキング |
<< 大高嶺茨(オオタカネイバラ) 兎菊(ウサギギク) >>

銀竜草(ギンリョウソウ)

d0125765_672653.jpg

銀竜草(ギンリョウソウ)はイチヤクソウ科ギンリョウソウ属の腐生植物である。
北方領土を含む北海道から沖縄にかけて分布し、湿り気のある林の中に育つ。
海外では、サハリン、朝鮮半島、中国、台湾などにも分布する。
葉緑素を持たず、落ち葉などを養分にして育つ。
草丈は10~20センチくらいである。
全体が白く、多肉質である。
茎は直立した円柱状である。
鱗片葉と呼ばれる葉の退化したものが、鱗のように全体を覆っている。
10~20枚が互い違いに生える(互生)。
開花時期は6~7月である。
茎先に壺状円筒形の花を1個だけ下向きにつける。
3~5枚の花弁を重ね合わせているが、この花も白い。
萼片は1~3枚で鱗片状である。
花の先に紫色を帯びた雌しべと黄色い雄しべの先が透けて見える。
実は卵形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
名の由来は、全体の姿を白銀色の竜に見立てたものである。
幽霊茸(ユウレイタケ)の別名がある。
根を含む全草が生薬の水晶蘭(すいしょうらん)となる。
強壮、強精、鎮咳などの薬効がある。
写真は7月に八幡平で撮った。
学名:Monotropastrum humile


★薄闇に浮かぶ花影ほの白く
 銀竜草のシックな姿
d0125765_67464.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2008-07-26 06:08 | 夏の花
<< 大高嶺茨(オオタカネイバラ) 兎菊(ウサギギク) >>