人気ブログランキング |
<< 兎菊(ウサギギク) 白花岩鏡(シロバナイワカガミ) >>

車百合(クルマユリ)

d0125765_513473.jpg

車百合(クルマユリ)はユリ科ユリ属の多年草である。
北海道から本州の中部地方にかけて分布し、亜高山帯から高山帯の草地に生える。
四国の剣山にも隔離分布する。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
草丈は30~80センチくらいである。
茎の中央より下側に、柄のない細長い葉が1~3段輪生する。
名の由来は、葉の様子を車輪に譬えたものである。
茎の上部には小さな葉が互い違いに生える(互生)。
開花時期は7~9月である。
茎先に赤橙色をした花を1輪ないし数輪、横向きないし斜め下向きにつける。
花径は3~4センチで、花びら(花披片)は先が強く反り返り、濃い色の斑がある。
花粉は赤褐色をしている。
花の姿は鬼百合(オニユリ)や小鬼百合(コオニユリ)に似ている。
写真は7月に岩手県の八幡平で撮った。
学名:Lilium medeoloides


★花びらをつんと反らせて車百合
 葉っぱの姿とてもユニーク

d0125765_514852.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2008-07-24 05:15 | 夏の花
<< 兎菊(ウサギギク) 白花岩鏡(シロバナイワカガミ) >>