人気ブログランキング |
<< 支那実桜(シナミザクラ) カラテア・クロカタ >>

金盞花(キンセンカ)'アリス'

d0125765_5415777.jpg

金盞花(キンセンカ)はキク科キンセンカ属(カレンデュラ属)の一年草である。
原産地は南ヨーロッパである。
日本へは江戸時代の初期に渡来した。
小輪・一重咲きのもので本金盞花(ホンキンセンカ)と呼ばれている。
その後、江戸時代の後期になって唐金盞花(トウキンセンカ)という大輪・八重咲きの品種が渡来した。
'アリス'はその後者の矮性品種である。
草丈は20センチくらいである。
葉はへら状で柔らかく、互い違いに生える(互生)。
開花時期は2~4月である。
花の色にはオレンジのものとイエローのものがある。
写真は1月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Calendula officinalis cv. Alice


★背は低くだけど綺麗に着飾るよ
 もうすぐ春がやって来るから

d0125765_5422752.jpg

花図鑑
by sikino-hana | 2008-02-29 05:49 | 冬の花
<< 支那実桜(シナミザクラ) カラテア・クロカタ >>