人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< 厚岸草(アッケシソウ) 大反魂草(オオハンゴンソウ) >>

大雀瓜(オオスズメウリ)

大雀瓜(オオスズメウリ)_d0125765_63138.jpg

大雀瓜(オオスズメウリ)はウリ科オオスズメウリ属の多年草である。
原産地は朝鮮半島から中国の東北部にかけてである。
日本へは戦後に渡来した。
栽培されていたものが逸出して帰化をしているところもある。
北海道、福島県、群馬県、長野県などの一部で野生化が確認されている。
蔓性で道端や草地などに生える。
草丈は2メートルくらいである。
全体に粗い毛が密生しており、葉や茎に触れるとざらつく。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には細かなぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8~9月である。
雌雄異株である。
ただし、日本へ帰化しているのは雄株のみである。
日本では地下茎による繁殖で子孫を残している。
花は鮮やかな黄色い釣鐘形で、先が5つに深く裂けている。
雄花の花径は20~25ミリくらいである。
雌花の花径は4センチくらいあり、実は長さ4~5センチの長い楕円形で赤く熟すという。
別名を黄花烏瓜(キバナカラスウリ)ともいう。
北海道では、北大構内と植物園で確認されている。
写真は9月に北大植物園で撮った。
学名:Thladiantha dubia


★見かけない花の姿に首かしげ
 尋ねてみれば大雀瓜

大雀瓜(オオスズメウリ)_d0125765_63598.jpg

花図鑑
by sikino-hana | 2007-09-19 06:04 | 秋の花
<< 厚岸草(アッケシソウ) 大反魂草(オオハンゴンソウ) >>