人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< 長実の蔓黄華鬘(ナガミノツルキ... 反魂草(ハンゴンソウ) >>

洞庭藍(トウテイラン)

洞庭藍(トウテイラン)_d0125765_2117280.jpg

洞庭藍(トウテイラン)はゴマノハグサ科ルリトラノオ属の多年草である。
クワガタソウ属とする場合もある。
日本固有種で、京都府、兵庫県、鳥取県に分布し、海岸近くに生える。
生育地が少ないことから、環境省のレッドデータブックでは、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧Ⅱ類に登録されている。
草丈は40~50センチくらいになる。
葉は長めの楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は少し尖り、縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉も茎も白い綿毛で覆われている。
開花時期は8~10月である。
茎の先に青紫の花を穂状につける。
名の由来は、瑠璃色の花の色を中国の洞庭湖の美しい水の色にたとえたものである。
江戸時代にはすでに園芸植物として栽培され、そのころにつけられた名だという。
写真は9月に都立薬用植物園で撮った。
学名:Pseudolysimachion oranatum(=Veronica ornata)


★彼方な湖水の色に憧れて
 洞庭藍の名を冠せられ
洞庭藍(トウテイラン)_d0125765_21173041.jpg

花図鑑
by sikino-hana | 2007-09-16 21:17 | 秋の花
<< 長実の蔓黄華鬘(ナガミノツルキ... 反魂草(ハンゴンソウ) >>