人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< 反魂草(ハンゴンソウ) 富士天人草(フジテンニンソウ) >>

夏海老根(ナツエビネ)

夏海老根(ナツエビネ)_d0125765_5314115.jpg

夏海老根(ナツエビネ)はラン科エビネ属の多年草である。
北海道の南部から九州にかけて分布し、山地のやや湿った林の中に生える。
海外では朝鮮半島の南部に分布し、台湾や中国に分布するものについても同一種とする見解もある。
環境省のレッドデータブックでは、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は20~50センチくらいである。
長い楕円形の葉を数枚つける。
葉は白みがかっていて、縦に皺がある。
開花時期は7~9月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、淡い紅紫色の花を10輪くらいつける。
垂れ下がる唇弁は紅紫色で大きく、3つに裂けている。
横に伸びる側花弁は糸状である。
上に反り返る萼片は白く、淡い紅紫色を帯びる。
距はない。
写真は9月に山中湖村の花の都公園で撮った(植栽)。
学名:Calanthe reflexa


★少しだけ時期をずらして咲く海老根
 どんな由来の隠れあるやら

夏海老根(ナツエビネ)_d0125765_5325754.jpg

花図鑑
by sikino-hana | 2007-09-14 05:33 | 夏の花
<< 反魂草(ハンゴンソウ) 富士天人草(フジテンニンソウ) >>