人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< メキシコ百日草(メキシコヒャク... ベロニカ・リバリス >>

請百合(ウケユリ)

請百合(ウケユリ)_d0125765_13283722.jpg

請百合(ウケユリ)はユリ科ユリ属(リリウム属)の多年草である。
リリウム属は北半球の温帯を中心に100種くらいが分布する。
また、膨大な数の園芸品種が作出されている。
日本では古くから「ゆり」の呼称が用いられており、属名の和名はユリ属という。
「ゆり」の由来には諸説があり、中国名からきた「百合」の字が後から充てられたようである。
本種は日本固有種である。
鹿児島県の奄美大島、請島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島に分布し、海岸の岩場や山地の崖などに生える。
和名の由来は、奄美群島の請島(うけじま)に特に多いことからきている。
環境省のレッドリスト(2012)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
草丈は50センチから100センチくらいである。
葉は長さが10センチから20センチの披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は、自生地では5月から6月である。
白い大輪の花を茎先に数輪つける。
花は長さが10センチから20センチくらいある漏斗状で、花被片は6枚である。
雄しべは6本で、葯(雄しべの花粉を入れる袋)は赤褐色である。
雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
花言葉は「荘厳」である。
属名の Lilium はギリシャ語の「leirion(白)」からきている。マドンナリリーの白い花を念頭に名づけられたものである。
種小名の alexandrae はイギリスの「アレキサンドラ王妃(Alexandra of Denmark, 1844-1925)の」という意味である。
写真は7月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
交配種の表示があった。
学名:Lilium alexandrae


★幻の花の片鱗ここにあり
 遠い先まで生きて伝われ

請百合(ウケユリ)_d0125765_13284677.jpg


植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
by sikino-hana | 2016-07-02 13:30 | 夏の花
<< メキシコ百日草(メキシコヒャク... ベロニカ・リバリス >>