人気ブログランキング |
<< 庭梅(ニワウメ) 泰平(タイヘイ) >>

斑入り蕗(フイリブキ)

d0125765_1623565.jpg

蕗(フキ)はキク科フキ属(ペタシテス属)の多年草である。
ペタシテス属は東アジアやヨーロッパ、北アメリカなどに数種の原種と交配種が分布する。
日本にも蕗(フキ)などが分布し、属名の和名をフキ属という。
斑入り蕗(フイリブキ)はその園芸品種である。
葉を楽しむ観葉植物として栽培される。
草丈は20センチから70センチくらいである。
開花時期は3月から5月である。
雌雄異株である。
花はいわゆる蕗の薹(フキノトウ)である。
雄花は黄色っぽく、雌花は白っぽい。
花の後に、長い柄のある腎心形の大きな葉が生える。
そこにクリーム色の斑が入る。
新葉の季節が特に美しい。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Petasites はギリシャ語の「petasos(つば広の帽子)」からきている。葉が広く大きいことから名づけられた。
種小名の japonicus は「日本の」という意味である。
園芸品種名の Variegatus は「斑入りの」という意味である。
写真は4月に小石川植物園で撮った。
学名:Petasites japonicus 'Variegatus'


★柔らかな葉の色見せて斑入り蕗
 灰汁の強さは身の内に秘め

d0125765_1631971.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
by sikino-hana | 2015-03-23 16:06 | 観葉植物
<< 庭梅(ニワウメ) 泰平(タイヘイ) >>