人気ブログランキング |
<< ファレノプシス・ベノサ カトレア・ワルケリアナ >>

カトレア・ペルキバリアナ

d0125765_15293120.jpg

カトレア・ペルキバリアナはラン科カトレア属の多年草である。
園芸的には、英語読みをしてカトレア・パーシバリアナとする場合がほとんどである。
カトレア属は中南アメリカに40種くらいが分布する着生種である。
属名の読み方はカトレヤとするものもある。
本種の原産地は南アメリカのコロンビア、ベネズエラである。
標高1300メートルから2000メートルの森に生える樹木や岩肌に生える。
草丈は10センチから20センチである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
日本での開花時期は1月から2月である。
花径12センチくらいの大きな花をつける。
花の色は紅色である。
唇弁は筒状で、内側は濃い紅紫色と朱色が混じる。
花はとてもよい香りがする。
属名の Cattleya はイギリス人の植物収集家「カトレイ(William Cattley, 1788-1835)さん」の名からきている。
種小名の percivaliana はイギリス人のラン愛好家「パーシバル(R. P. Percival, 1800's)さんの」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:Cattleya percivaliana


★花色は少し濁っているけれど
 惹きつけられる自然の姿

d0125765_15295690.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
by sikino-hana | 2015-02-08 15:32 | 冬の花
<< ファレノプシス・ベノサ カトレア・ワルケリアナ >>