人気ブログランキング |
<< 長葉ザミア(ナガバザミア) 広葉ザミア(ヒロハザミア) >>

細葉鱗ザミア(ホソバウロコザミア)

d0125765_12130854.jpg

細葉鱗ザミア(ホソバウロコザミア)はソテツ科レピドザミア属の常緑低木である。
分類体系によってはザミア科とされる。
レピドザミア属はオーストラリアの固有種で、2種が知られる。
本種の原産地はオーストラリアの東部で、クイーンズランド州やニューサウスウェールズ州に分布する。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver.3.1, 2001)では軽度懸念(LC)に指定されている。
樹高は4~7メートルくらいである。
幹は太さが40~80センチになり、樹皮は鱗状となる。
葉は羽状複葉で、長さは150~300センチくらいである。
小葉の形は細長い線形で艶があり、暗い緑色をしている。
属名の Lepidozamia はギリシャ語の「lepidos(麟片)+Zamia(ザミア属)」からきている。
種小名の peroffskyana はサンクトペテルブルグ植物園の後援者だったロシアの将軍「ペロフスキー(Count Peroffsky, 1794-1857)さんの」という意味である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Lepidozamia peroffskyana

★いろいろな土地に分布が広がると
 改めて知るザミアの仲間

d0125765_12135749.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング

by sikino-hana | 2013-12-22 12:16 | 観葉植物
<< 長葉ザミア(ナガバザミア) 広葉ザミア(ヒロハザミア) >>