人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< 葡萄甕(ブドウガメ) 広葉車前面高(ヒロハシャゼンオ... >>

南京綿(ナンキンワタ)

南京綿(ナンキンワタ)_d0125765_13245052.jpg

南京綿(ナンキンワタ)はアオイ科ワタ属の一年草である。
原産地は中国である。
「南京」は産地を表すものではなく唐(から)と同様に外国からきたことを表す言葉である。
木立綿(キダチワタ:Gossypium arboreum)の系統で、インドから中国に渡って品種改良された。
草丈は1メートルくらいである。
葉は手のひら状に裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は7月から9月である。
花径3殻センチくらいの黄色い5弁花をつける。
花は一日花である。
実は卵形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、熟すと裂けて開き、長い綿毛のある種子を出す。
実は小さく綿毛も短い。
繊維は褐色なので茶綿(チャメン)とも呼ばれる。
脱脂綿や布団綿などに用いられる。
綿(ワタ:Gossypium arboreum var. obtusifolium)として一般化し、区別しない考え方もある。
属名の Gossypium はラテン語の「腫れ物(gossum)」からきている。膨らんだ果実の形を腫れ物にたとえたものである。
種小名の nanking は「南京」の意味である。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Gossypium nanking


★調べれば由来楽しい南京綿
 きっとお世話になっているはず

南京綿(ナンキンワタ)_d0125765_13251371.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
by sikino-hana | 2013-08-20 13:26 | 夏の花
<< 葡萄甕(ブドウガメ) 広葉車前面高(ヒロハシャゼンオ... >>