人気ブログランキング |
<< グロリオサ・スペルバ 山鍬形(ヤマクワガタ) >>

天狗鍬形(テングクワガタ)

d0125765_1045516.jpg

天狗鍬形(テングクワガタ)はゴマノハグサ科クワガタソウ属の多年草である。
分類体系によってはオオバコ科とされる。
北海道から本州の中部地方にかけて分布し、山地や亜高山の湿った草地や林の縁などに生える。
海外では、北半球の亜寒帯に広く分布する。
和名の由来は、長い雄しべを天狗の鼻にたとえたものである。
「鍬形」の名は、実につく萼を兜飾りの鍬形にたとえたものである。
別名を這い鍬形(ハイクワガタ)という。
草丈は10~20センチくらいである。
茎の下部は地を這って広がる。
葉は長さ7~15ミリくらいの楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉には柄はなく、葉の先は丸い。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)はほとんどない。
上部の葉は互い違いに生える(互生)。
開花時期は6~8月である。
茎の上部に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径5~7ミリくらいの淡い青紫色の花を疎らにつける。
花冠は4つに裂けて皿形に開く。
下の1枚の裂片がやや小さく、色も薄い。
花冠の内側には濃い紫色の筋が入る。
萼片は4枚、雄しべは2本、雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Veronica は聖者ベロニカに捧げられた名である。
種小名の serpyllifolia は「イブキジャコウソウのような葉の」という意味である。
亜種名の humifusa は「地面に広がった」という意味である。
写真は6月に上高地で撮った。
学名:Veronica serpyllifolia subsp. humifusa


★縦縞の花の模様がチャーミング
 小さいけれど天狗鍬形

d0125765_1046747.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
by sikino-hana | 2013-07-25 10:51 | 夏の花
<< グロリオサ・スペルバ 山鍬形(ヤマクワガタ) >>