人気ブログランキング |
<< ミニスカイブルー トラデスカンティア・シラモンタナ >>

ステビア

d0125765_9101776.jpg

ステビアはキク科ステビア属の多年草である。
原産地は南アメリカのパラグアイである。
16世紀ころから甘味料として使用されてきたという。
日本へは1971年に導入され、甘味料として栽培されている。
草丈は50~100センチくらいである。
葉はやや先の尖った楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は9~11月である。
小さく白い花(頭花)が群がって咲く。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
低カロリー食品で、糖尿病患者用の食品の甘味料として広く利用されている。
属名の Stevia はスペインの植物学者「エステベ(P. J. Esteve)さん」の名にからきている。
種小名の rebaudiana はパラグアイの薬剤師「レバウディ(Ovidio Rebaudi)さんの」という意味である。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Stevia rebaudiana


★虫たちを群がるように寄せ集め
 ステビアの花賑わい咲いて
d0125765_9104039.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
by sikino-hana | 2012-10-03 09:13 | 秋の花
<< ミニスカイブルー トラデスカンティア・シラモンタナ >>