人気ブログランキング |
<< ウォールジャーマンダー カルーナ・ブルガリス >>

長葉面高(ナガバオモダカ)

d0125765_1130535.jpg

長葉面高(ナガバオモダカ)はオモダカ科オモダカ属の多年草である。
漢字では「長葉沢瀉」とも書く。
北アメリカに分布する抽水植物で、池沼や河川に生える。
園芸店ではジャイアントサジタリアの名で流通している。
逸出したものが野生化している。
繁殖力が強く在来の水生植物への悪影響が懸念されることから、外来生物法で要注意外来生物に指定されている。
草丈は40~120センチくらいである。
根際から生える葉は長い楕円形である。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は5~9月くらいである。
花径1センチくらいの白い3弁花をつける。
雌雄異株だが、日本に生育するのは雌株だけである。
属名の Sagittaria はラテン語の「sagitta(矢)」からきている。矢形をした葉の様子から名づけられた。
種小名の graminea は「イネ科植物のような」という意味である。
写真は8月に名古屋市の東山植物園で撮った。
学名:Sagittaria graminea


★在来の品種蹴散らし嫌われる
 長葉沢瀉姿は優しく
d0125765_11312275.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by sikino-hana | 2012-07-14 11:41 | 夏の花
<< ウォールジャーマンダー カルーナ・ブルガリス >>