<< 姫小判草(ヒメコバンソウ) マリア薊(マリアアザミ) >>

カーネーション・ローズドメイ

d0125765_7362121.jpg

カーネーションはナデシコ科ナデシコ属の多年草である。
原産地は南ヨーロッパおよび西アジアの地中海沿岸とされる。
ローズドメイ(Rose de Mai)はその園芸品種である。
フランスで作出され、「5月の薔薇」を意味する。
草丈は30~40センチくらいである。
葉は披針形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は4~9月くらいである。
花の色は淡いピンクで、よい香りがする。
観賞用とされるほか、砂糖漬けやサラダなど食用にも用いられる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Dianthus はギリシャ語の「Dios(ジュピター)+anthos(花)」からきている。「ジュピターの花」の意味で、花の美しさを称えて名づけられた。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Dianthus 'Rose de Mai'


★貝殻を思わすような花の色
 ローズドメイは波音運び
☆淡き桃甘えるような匂いたち
 君の耳元囁きかけて
d0125765_7364137.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-06-02 07:39 | 夏の花
<< 姫小判草(ヒメコバンソウ) マリア薊(マリアアザミ) >>