人気ブログランキング |
<< 桃色昼咲き月見草(モモイロヒル... 藪空木(ヤブウツギ) >>

那須の檜扇文目(ナスノヒオウギアヤメ)

d0125765_102396.jpg

那須の檜扇文目(ナスノヒオウギアヤメ)はアヤメ科アヤメ属の多年草である。
栃木県に分布し、那須高原の貯水池や水田の用水路に生える。
北海道から本州の中部地方にかけて分布する檜扇文目(ヒオウギアヤメ)の変種である。
基本種との違いは、全体に大形で、外花被片も幅が広い。
環境省のレッドリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
なお、那須の檜扇文目(ナスノヒオウギアヤメ)の名称は2007年版レッドリストから採用されたものである。
それ以前は那須檜扇文目(ナスヒオウギアヤメ)と呼ばれており、Ylistでもこの名称である。
草丈は80センチから100センチくらいである。
葉は剣状で、幅が2センチから3センチくらいあり、檜扇(ヒオウギ)に似る。
開花時期は5月から6月である。
茎先で枝分かれしてて花径8センチくらいの青紫色の花をつける。
外花被片は3枚あり、円形ないし心形で大きい。
文目(アヤメ)と同様の網目模様が入る。
内花被片は文目(アヤメ)よりも短く、へら形をしている。
花は一日花で、朝開き夕方にはしぼんでしまう。
実は結ばない。
属名の Iris はギリシャ語で虹を意味する。
種小名の setosa は「棘状の」という意味である。
変種名の nasuensis は「那須の」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Iris setosa var. nasuensis


★地元ではしっかり育てているらしい
 滅多に見られぬ花に出合って
d0125765_10312.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by sikino-hana | 2012-05-25 10:06 | 夏の花
<< 桃色昼咲き月見草(モモイロヒル... 藪空木(ヤブウツギ) >>