人気ブログランキング |
<< 白花鯛釣草(シロバナタイツリソウ) ガザニア >>

頭巾茨(トキンイバラ)

d0125765_1121991.jpg

頭巾茨(トキンイバラ)はバラ科キイチゴ属の落葉低木である。
原産地は中国の南西部である。
日本へは江戸時代の宝永年間(1700年代初め)に渡来した。
貝原益軒の「花譜」(1694)にもコヤオキの名で掲載されている。
樹高は1メートルくらいである。
枝には棘がある。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は長い楕円形である。
小葉の先は尖り、縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
開花時期は5月である。
花径5~6センチの八重咲きの白い花を1輪上向きにつける。
雄しべも雌しべなく実はできないが、地下茎によって繁殖する。
属名の Rubus はラテン語の「ruber(赤)」からきている。赤い実がなることから名づけられた。
種小名の rosifolius は「バラのような葉の」という意味である。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Rubus rosifolius


★薔薇の花思わすような豪華さに
 驚きながら歴史を感じ
d0125765_11232059.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by sikino-hana | 2012-05-18 11:26 | 春の花
<< 白花鯛釣草(シロバナタイツリソウ) ガザニア >>