人気ブログランキング |
<< ルエリア・コロラタ 常磐山査子(トキワサンザシ) >>

立寒椿(タチカンツバキ)

d0125765_9534650.jpg

寒椿(カンツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木である。
山茶花(サザンカ)を母種としたカンツバキ群の園芸品種である。
枝が横に広がる傾向がある。
これに対して枝が上に伸びるものは、立寒椿(タチカンツバキ)といって区別をする。
庭園樹や公園樹などに利用される。
樹高は3~5メートルくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には鈍いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の色は暗い緑色で艶がある。
開花時期は11~2月くらいである。
花の色は紅色で、花径8センチくらいの八重咲きである。
属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の hiemalis は「冬季の」という意味である。
写真は11月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Camellia x hiemalis 'Tachikantsubaki'


★咲き時は今か今かと待ちかねて
 大輪開く立ち寒椿
d0125765_954814.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





by sikino-hana | 2011-11-23 09:56 | 冬の花
<< ルエリア・コロラタ 常磐山査子(トキワサンザシ) >>