人気ブログランキング |
<< 枸杞(クコ) 千本菊(センボンギク) >>

エイクホルニア・アズレア

d0125765_6543581.jpg

エイクホルニア・アズレアはミズアオイ科ホテイアオイ属の多年草である。
属名の読み方は「アイヒホルニア」とするものもある。
原産地は北アメリカの南部である。
池や沼などに生える。
水中に展開している葉は細長く、互い違いに生える(互生)。
水上に広がる葉は大きく丸い。
草丈は20~100センチくらいである。
開花時期は周年である。
茎先に青紫色の6弁花をつける。
布袋葵(ホテイアオイ)に似るが、花弁の縁にぎざぎざがあるのが特徴である。
花は一日花である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Eichhornia はドイツの政治家「アイヒホルン(Eichhorn)さん」の名からきている。
種小名の azurea は「淡い青色の」という意味である。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Eichhornia azurea


★水草もいろんな仲間いるものと
 驚きながらあれこれ眺め
d0125765_6545522.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





by sikino-hana | 2011-11-10 06:58 | 四季咲きの花
<< 枸杞(クコ) 千本菊(センボンギク) >>