人気ブログランキング |
<< 糊麻(ノリアサ) 狸の剃刀(タヌキノカミソリ) >>

丸葉乗鞍薊(マルバノリクラアザミ)

d0125765_5333267.jpg

丸葉乗鞍薊(マルバノリクラアザミ)はキク科アザミ属の多年草である。
日本固有種である。
中部地方に分布し、亜高山や高山の林の縁や道端に生える。
草丈は100~150センチくらいである。
同じ中部地方に分布する乗鞍薊(ノリクラアザミ)の変種である。
葉は一般のアザミ類と異なって深い切れ込みがなく、細長い楕円形をしている。
基本種には深い切れ込みがある。
葉の長さは10~20センチくらいである。
葉の裏面には白い毛が密生し、白っぽい。
このため雪薊(ユキアザミ)の別名がある。
基本種も同様に裏面が白いので、裏白薊(ウラジロアザミ)の別名がある。
開花時期は8~10月である。
花(頭花)の色は淡い紅紫色で、茎先に横向きか下向きにつく。
総苞片(花序全体を包む葉の変形したもの)が長く反り返るのが特徴である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Cirsium はギリシャ語の「cirsos(静脈腫)」からきている。静脈腫に薬効のある植物につけられた名が転用された。
種小名の norikurense は「乗鞍岳の」という意味である。
種小名の integrifolium は「全縁葉の」という意味である。
写真は9月に上高地で撮った。
学名:Cirsium norikurense var. integrifolium


★薊でも葉っぱはスマート楕円形
 切れ込むだけが能でないから
d0125765_5335057.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





by sikino-hana | 2011-09-06 05:35 | 秋の花
<< 糊麻(ノリアサ) 狸の剃刀(タヌキノカミソリ) >>