人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< カランコエ・ラウヒー プリムラ・フィルクネラエ >>

ノースポール

ノースポール_d0125765_2184174.jpg

ノースポール(North Pole)はキク科フランスギク属の一年草である。
原産地は南ヨーロッパ北アフリカである。
日本へは1970年代に渡来した。
ノースポールは商品名であるが、一般名としても定着している。
学名はレウカンテムム・パルドスム(Leucanthemum paludosum)という。
クリサンテムム・パルドスム(Chrysanthemum paludosum)という学名を使う場合もある。
クリサンテムム(Chrysanthemum)はキク科キク属を示す学名で、キク属を広義にとらえる立場である。
草丈は20センチから30センチくらいである。
葉は羽状に切れ込み、互い違いに生える(互生)。
開花時期は12月から6月ころまでと長い。
花はマーガレットによく似ているが、草丈も花の大きさも小さめである。
花径は2センチから3センチくらいである。
舌状花は白く、筒状花は黄色い。
ノースポールというのは「北極」のことである。
花つきがよく、株全体をおおうほどに白く咲く姿から名づけられたものである。
属名の Leucanthemum はギリシャ語の「leukos(白)+anthemon(花)」からきており、「白い花」を意味する。
種小名の paludosum は「沼地に生える」という意味である。
写真は1月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Leucanthemum paludosum (=Chrysanthemum paludosum)


★敷き詰めた淡き緑の絨毯に
 ノースポールの花びら揺れて
☆寒ささえ輝くように白さ増し
 ノースポールは強さを秘めて
ノースポール_d0125765_219293.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2011-01-13 02:20 | 冬の花
<< カランコエ・ラウヒー プリムラ・フィルクネラエ >>