人気ブログランキング |
<< ノースポール バコパ・コピア >>

プリムラ・フィルクネラエ

d0125765_844298.jpg

プリムラ・フィルクネラエはサクラソウ科サクラソウ属の多年草である
サクラソウの仲間は世界中に自生しているが、このプリムラ・フィルクネラエの原産地は中国である。
峡西省の灌木で覆われた南斜面などに自生しているという。
しかし、なぜか雲南桜草(ウンナンサクラソウ)の名で流通している。
生長が早く、サクラソウの中では大型である。
草丈は30~50センチくらいである。
茎と葉は長い毛に覆われている。
葉には羽状の切れ込みがある。
開花時期は2月から3月である。
茎先に淡い桃色の花をつける。
花冠は5つに深く裂け、裂片の先が更に2つに裂ける。
花径は20ミリから25ミリくらいである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Primula はラテン語の「primos(最初)」の縮小形である。同属の1種が他に先駆けて早春に花咲くことで名づけられた。
種小名のほうは調べてもはっきりしなかった。
写真は1月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Primula filchnerae


★薄っすらと肌を染め咲く花姿
 清らかなりしフィルクネラエ
d0125765_8444612.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2011-01-12 08:46 | 冬の花
<< ノースポール バコパ・コピア >>