人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< ポインセチア カメリア・ロサエフロラ >>

大雪の花(オオユキノハナ)

大雪の花(オオユキノハナ)_d0125765_8572334.jpg

大雪の花(オオユキノハナ)はヒガンバナ科マツユキソウ属(ガランツス属)の多年草である。
原産地はバルカン半島からトルコにかけてである。
スノードロップ(snowdrop)と呼ばれるものの1つである。
別に待雪草(マツユキソウ:Galanthus nivalis)にもこの名称が用いられる。
大待雪草(オオマツユキソウ)の名も充てられるが、スノーフレーク(Leucojum aestivum)にも同じ名前があるので紛らわしい。
草丈は15センチから20センチくらいである。
根際から生える葉はへら形である。
開花時期は1月から3月である。
花茎の先に白い花を下向きにつける。
花被片は6枚である。
花被片のつけ根の部分は緑色である。
また、内花被片(短い花被片)には緑色の模様が入る。
属名の Galanthus はギリシャ語の「gala(ミルク)+ anthos(花)」からきている。
種小名の elwesii はイギリス人の植物採集家「エルウェイズ(J.H.Elwes)さんの」という意味である。本種をトルコで採取してイギリスに紹介した。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Galanthus elwesii


★早々と花を開いた妖精さん
 霜にご注意大雪の花
大雪の花(オオユキノハナ)_d0125765_8574380.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2011-01-06 08:59 | 冬の花
<< ポインセチア カメリア・ロサエフロラ >>