人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< カメリア・ロサエフロラ バコパ・スノーマーブル >>

ファレノプシス・エクエストリス

ファレノプシス・エクエストリス_d0125765_8312522.jpg

ファレノプシス・エクエストリスはラン科ファレノプシス属の常緑多年草である。
原産地は台湾やフィリピンである。
樹上に着生したり岩に根を張ったりする着生種である。
和名を姫胡蝶蘭(ヒメコチョウラン)という。
小形種の重要な交配親となっている。
草丈は20センチから30センチくらいである。
葉は長い楕円形で先が尖る。
開花時期は春から秋である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径2センチから3センチの花を垂れ下げる。
花の色はピンクを帯び、唇弁は濃いピンクである。
属名の Phalaenopsis はギリシャ語の「phalaina(蛾)+opsis(のような)」に由来する。花の姿を蛾にたとえたものである。
種小名の equestris は「騎士の」という意味である。剣型の葉を持つ様子をたとえたものである。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Phalaenopsis equestris


★小さくて舞うがごとくの花姿
 ピンクが似合う姫胡蝶蘭

ファレノプシス・エクエストリス_d0125765_8342476.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2011-01-04 08:32 | 四季咲きの花
<< カメリア・ロサエフロラ バコパ・スノーマーブル >>