人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< 紫華鬘(ムラサキケマン) 筆竜胆(フデリンドウ) >>

翁草(オキナグサ)

翁草(オキナグサ)_d0125765_5432185.jpg

翁草(オキナグサ)はキンポウゲ科オキナグサ属の多年草である。
本州の青森県から九州にかけて分布し、日当たりのいい草地に生える。
海外では、朝鮮半島や中国大陸にも分布している。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は10センチから40センチくらいである。
花の咲く時期には丈は低いが、花の後に伸びる。
根際から生える葉は2回羽状複葉で、長い柄がある。
小葉は深く裂ける。
茎につく葉には柄はない。
根際から生える葉や茎には長くて白い毛が密に生える。
開花時期は4月から5月である。
茎先に1つずつ花をつける。
花弁はなく、6枚の萼片が花弁のようにつき、釣鐘状で下向きに咲く。
外側は長くて白い毛で被われ、内側は暗い赤紫色をしている。
中にはたくさんの雄しべと雌しべが詰まっている。
花の後には球状に集まったたくさんの種子がつく。
種子の先の1つ1つに長い花柱が伸びる。
花柱には灰白色の羽毛が密に生える。
和名の由来は、その様子を老人の白髪に見立てたものである。
古くは「ねつこぐさ」の名で万葉集にも詠まれている。
江戸時代に多くの園芸品種が育成されたという。
根を乾かしたものを生薬で白頭翁(はくとうおう)と呼び、解熱剤などに用いられる。
花の写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Pulsatilla cernua


★翁草きれいに年をとりたいと
 心の闇は内に隠して

翁草(オキナグサ)_d0125765_543422.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2010-04-20 05:46 | 春の花
<< 紫華鬘(ムラサキケマン) 筆竜胆(フデリンドウ) >>