人気ブログランキング |
<< 立ち天の梅(タチテンノウメ) ククイの木(ククイノキ) >>

裏紅蕉(ウラベニショウ)

d0125765_14222725.jpg

裏紅蕉(ウラベニショウ)はクズウコン科ストロマンテ属の常緑多年草である。
原産地は中南アメリカである。
日本へは昭和時代の初期に渡来した。
草丈は50~150センチくらいである。
葉は披針形で暗い緑色をしており、艶がある。
葉の裏面は紅紫色で、これが名の由来になっている。
開花時期は冬である。
花茎を伸ばし、赤い苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)に包まれた目立たない花をつける。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Stromanthe sanguinea


★葉の色がとても渋くて個性的
 真っ赤な苞をにょきっと伸ばし

d0125765_14224583.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2010-02-07 14:23 | 冬の花
<< 立ち天の梅(タチテンノウメ) ククイの木(ククイノキ) >>