人気ブログランキング |
<< 三つ葉蔓荊(ミツバハマゴウ) 浜菊(ハマギク) >>

サルビア・パープルマジェスティ

d0125765_5591223.jpg

サルビア・パープルマジェスティはシソ科アキギリ属(サルビア属)の多年草である。
南アメリカ原産で青花のガラニチカ種(Salvia guaranitica)とメキシコ原産で赤花のゲスネリフロラの園芸品種「テキーラ」(Salvia gesneraeflora cv. Tequila)の人工的な交雑によって、1997年にカリフォルニアのハンチントン植物園で作出された。
草丈は100~150センチくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8~11月である。
茎頂に長い穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、赤みががかった濃い紫色の唇形をした花をつける。
萼片は黒紫色をしている。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Salvia cv. Purple Majesty


★人工の花といえども美しく
 咲いて花散る定め儚く

d0125765_5594391.jpg


花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
by sikino-hana | 2009-10-06 06:00 | 秋の花
<< 三つ葉蔓荊(ミツバハマゴウ) 浜菊(ハマギク) >>