<< 丸葉縷紅草(マルバルコウソウ) ルドベキア・タカオ >>

犬薄荷(イヌハッカ)

d0125765_5481866.jpg

犬薄荷(イヌハッカ)はシソ科イヌハッカ属(ネペタ属)の多年草である。
原産地はヨーロッパから西アジアにかけた一帯である。
植物名に「犬」の字がつくと「劣る」とか「役に立たない」という意味になる。
この場合は「薄荷」に似ているがメントール成分を含まないということになる。
英名はキャットニップ(catnip)である。
「猫が噛む草」という意味である。
この草の精油にネペタラクトンという猫を興奮させる物質が含まれていることからきている。
猫も喜ぶが、ハーブとして人間にも役立つ薬用植物である。
草丈は50~100センチくらいである。
茎は直立し、よく枝分かれをする。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉は軟毛に覆われており、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6~7月である。
枝先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、唇形をした白い花をたくさんつける。
下の唇のつけ根には濃い赤紫色の斑点がある。
雌しべの先端は濃い紅色である。
別名を筑摩薄荷(チクマハッカ)ともいう。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Nepeta cataria


★東西で違っているよ名づけ方
 キャットニップが犬薄荷とは
☆犬薄荷可愛い小花つけながら
 猫も人にも役立つ草よ

d0125765_5484835.jpg


花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2009-09-30 05:49 | 秋の花
<< 丸葉縷紅草(マルバルコウソウ) ルドベキア・タカオ >>