タグ:青い花 ( 78 ) タグの人気記事

渥美絞り(アツミシボリ)

d0125765_11234288.jpg

渥美絞り(アツミシボリ)はユキノシタ科アジサイ属(ヒドランゲア属)の落葉低木である。
分類体系によっては(APG第3版)アジサイ科とされる。
ヒドランゲア属はアジアと南北アメリカ大陸に70種くらいが分布する。
また多くの園芸品種が作出されている。
日本でも紫陽花(アジサイ)などが栽培され、属名の和名はアジサイ属という。
本種は額紫陽花(ガクアジサイ)の系統の園芸品種である。
愛知県の渥美地域(田原市)で栽培されている。
この地域では40年以上の栽培の歴史があり、100種以上の品種が生産されているという。
渥美絞り(アツミシボリ)はそうした中で生まれたオリジナル品種である。
樹高は100センチから150センチくらいである。
葉は卵形で厚く、向かい合って生える(対生)。
葉に柊(ヒイラギ)のような粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から6月である。
花序の周辺には濃い青紫色の八重咲きの装飾花がある。
装飾花には白い絞りが入って複色となる。
中央部は両性花になっている。
両性花は花径1センチにも満たない5弁花である。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の macrophylla は「大きな葉の」という意味である。
品種名の normalis は「通常の」という意味である。
写真は6月にとしまえんのあじさい祭りで撮った。
学名:Hydrangea macrophylla f. normalis 'Atsumi Shibori'


★見るからに花は大きく華やかで
 自信に満ち咲く渥美絞りは

d0125765_11235940.jpg


植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2016-06-12 11:31 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

西洋紫陽花(セイヨウアジサイ)

d0125765_16414479.jpg

西洋紫陽花(セイヨウアジサイ)はユキノシタ科アジサイ属(ヒドランゲア属)の落葉低木である。
分類体系によっては(APG第3版)アジサイ科とされる。
ヒドランゲア属はアジアと南北アメリカ大陸に70種くらいが分布する。
日本にも額紫陽花(ガクアジサイ)などが分布し、属名の和名はアジサイ属という。
本種は額紫陽花(ガクアジサイ)が西欧に持ち込まれて品種改良されたもののことある。
日本にも逆輸入され、それをもとに日本でも品種改良が行われている。
園芸的にはハイドランジアという洋風な呼び名でも流通している。
しかし、ハイドランジアは属名を英語風に読んだものにすぎず、特に意味をもたない。
形状としては、額紫陽花(ガクアジサイ)やその改良種である紫陽花(アジサイ)と大きな違いはない。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は卵形で厚く、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月から7月である。
額紫陽花(ガクアジサイ)のように装飾花と両性花のあるものと、紫陽花(アジサイ)のように装飾花しかないものとがある。
花の色は白、紅紫色、青紫色などで、装飾花が八重になったものなどもある。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の macrophylla は「大きな葉の」という意味である。
品種名の hortensia は「庭園栽培の」という意味である。
写真は6月に練馬区のとしまえんで撮った。
園芸品種名はエンドレスサマー('Endress Summer')である。秋にも花を開く品種で、アメリカで作出された。
学名:Hydrangea macrophylla f. hortensia


★紫陽花の常識破るエンドレス
 海を渡れば世界広がり

d0125765_16415416.jpg



植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2016-06-11 16:52 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

ベロニカ

d0125765_11325125.jpg

ベロニカはゴマノハグサ科クワガタソウ属(ベロニカ属)ないしルリトラノオ属(プセウドリシマキオン属)の園芸植物の総称である。
分類体系によっては(APG第3版)オオバコ科とされる。
ロベリア属は北半球に500種くらいが分布する。
また、多くの園芸品種が作出されている。
日本にも鍬形草(クワガタソウ)などが分布し、属名の和名はクワガタソウ属という。
ルリトラノオ属についてはクワガタソウ属と区別する考え方とクワガタソウ属に含む考え方とがある。
日本で流通しているベロニカは、在来種の瑠璃虎の尾(ルリトラノオ)とユーラシア大陸に広く分布するベロニカ・ロンギフォリアベロニカ・スピカータの改良種が中心である。
英名はスピードウェル(Speedwell)という。
草丈は50センチから100センチくらいである。
葉は細長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の色は濃い緑色である。
開花時期は4月から11月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青紫色の小さな花をたくさんつける。
花冠は4つに深く裂ける。
花の色は白やピンクのものもある。
花言葉は「名誉」である。
5月28日の誕生花である。
属名の Veronica はキリスト教の聖者ベロニカに捧げられた名である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
ベロニカ・スピカータの園芸品種ロイヤルキャンドル(Royal Candles)である。
学名:Veronica cv.


★夏空に負けず涼しさ届け咲く
 ベロニカの花健気な姿

d0125765_1133450.jpg


植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2016-05-28 11:39 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

柳丁子草(ヤナギチョウジソウ)

d0125765_13415721.jpg

柳丁子草(ヤナギチョウジソウ)はキョウチクトウ科チョウジソウ属(アムソニア属)の多年草である。
アムソニア属はアジアや北アメリカなどに20種くらいが分布する。
日本にも丁子草(チョウジソウ)が分布し、属名の和名をチョウジソウ属という。
「丁子草」の名の由来は、フトモモ科の丁子(チョウジ)に似た花を咲かせることからきている。
漢字では「丁字草」とも書き、これは花を横から見ると「丁」の字に見えることからきている。
「柳」は葉の形をなぞらえたものである。
本種の原産地は北アメリカである。
アメリカ合衆国のペンシルベニア州からカンザス州にかけて分布し、湿った林の中や河岸に生える。
英名はブルースター(bluestar)、テキサスブルースター(Texas bluestar)などである。
YListでは表記の名を和名としているが、これを柳葉丁子草(ヤナギバチョウジソウ)とする文献もある。
日本へは昭和5年ころに渡来し、主に庭植えとされている。
好ましくないことだが、園芸的には「丁子草」として流通している。
草丈は60センチから90センチくらいである。
葉の形は細長い披針形(笹の葉のような形)で先が尖り、互い違いに生える(互生)。
開花時期は4月から7月である。
小さい筒形で先が5つに裂ける淡い青色をした花が下向きに咲く。
花の後にできる実は円柱状の袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
全草に有毒成分を含み、誤食すると危険である。
花言葉は「信じ合う心」である。
属名の Amsonia はアメリカの植物学者「アムソン(Charles Amson, 1700's)さん」の名からきている。
種小名の tabernaemontana はドイツ人の植物学者「タベルナエモンタヌス(Jacobus Theodorus Tabernaemontanus, 1525-1590)さんの」という意味である。
写真は5月に日光植物園で撮った。
学名:Amsonia tabernaemontana


★似た花がアメリカに咲くことがある
 ここにもあったそんな不思議が

d0125765_1342663.jpg


植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2016-05-24 13:45 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

山瑠璃草(ヤマルリソウ)

d0125765_9422049.jpg

山瑠璃草(ヤマルリソウ)はムラサキ科ルリソウ属(オンファロデス属)の多年草である。
オンファロデス属は北半球に数10種が分布する。
日本にも瑠璃草(ルリソウ)などが分布し、属名の和名はルリソウ属という。
本種は日本固有種である。
本州の福島県から九州にかけて分布し、山地の林の中や林の縁などに生える。
草丈は10~20センチくらいである。
茎は直立し枝分かれをしない。
茎や葉には短い毛が生えていてざらつく。
根際から生える葉はへら形でロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)となる。
茎につく葉は小さな楕円形で茎を抱き、互い違いに生える(互生)。
開花時期は4月から5月である。
花径は1センチくらいで、花の色は淡い青紫色である。
花の色は、蕾のときや咲き始めは赤みを帯びる。
花冠は5つに深く裂けて横に開く。
雄しべは5本、雌しべは1本である。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
和名の由来は、山地に生え瑠璃色の花を咲かせることからきている。
花言葉は「私は考える」である。
属名の Omphalodes は、ギリシャ語の「omphalos(へそ)+eidos(の形をした)」からきている。果実の形から名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は3月に目黒にある国立科学博物館附属自然教育園で撮った。
学名:Omphalodes japonica


★うっすらと青紫に色染めて
 山瑠璃草の花は静かに

d0125765_9423531.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-04-27 09:47 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

ソルベXP・モルフォ

d0125765_15134315.jpg

ビオラはスミレ科スミレ属の園芸品種の総称である。
ビオラという名は、もともとはスミレ属の属名からきている。
園芸的には、日本ではパンジーの小輪多花性のものをビオラと呼んでいる。
しかし、両者の区別は曖昧で、学名的にも区別されない。
そのため、パンジー・ビオラとして並列に扱われることも多い。
園芸品種の数は数千とも言われ、膨大である。
本来は多年草だが、日本では一年草として扱われる。
ソルベXP・モルフォはそうした仲間の1つである。
タキイ種苗から発売されているF1ソルベXP系属し、アメリカで開発された。
F1は First Filial Hybrid の略称で、交配された(Hybrid)雑種の(Filial)一代目(First)のことである。
優れた性質を持つ個体を掛け合わせ、両方の良い部分を受け継いだ次世代を意味する。
ソルベ(Sorbet)にはシャーベットの意味がある。
もともとソルベというシリーズがあり、ソルベXPはその進化版である。
モルフォ(Morpho)というのはアメリカに分布するモルフォ蝶(モルフォチョウ:Morpho)の属名からきている。
花の姿をたとえたものである。
草丈は15~30センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11~5月くらいである。
花径は3センチくらいである。
花弁数は5枚である。
花の色は上弁が青色、下弁は黄色で蝶の翅のような模様が入る。
小輪系だが開花時期が早く、花つきもよい。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の wittrockkiana はスウェーデン人の植物学者「ウィットロック(Veit Brecher Wittrock, 1839-1914)さんの」という意味である。
写真は12月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Viora x wittrockkiana


★調べればいろんなことが見えてくる
 小さいけれど蝶舞うごとく

d0125765_1514571.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-01-16 15:19 | 冬の花 | Trackback | Comments(0)

ビーコン・ブルー

d0125765_7264164.jpg

パンジーはスミレ科スミレ属の園芸品種の総称である。
園芸品種の数は数千とも言われ、膨大である。
ビーコン・ブルーはそうした仲間の1つである。
サカタのタネから発売されているF1ビーコン系に属する。
F1は First Filial Hybrid の略称で、交配された(Hybrid)雑種の(Filial)一代目(First)のことである。
優れた性質を持つ個体を掛け合わせ、両方の良い部分を受け継いだ次世代を意味する。
ビーコン系は中輪覆色で開花が早い。
草丈は15~30センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11~5月くらいである。
花径は7センチくらいである。
一重咲きで花弁数は5枚である。
花の色は上弁が淡い空色、下弁が紺色で、グラデーションが美しい。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の wittrockkiana はスウェーデン人の植物学者「ウィットロック(Veit Brecher Wittrock, 1839-1914)さんの」という意味である。
写真は12月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Viora x wittrockkiana


★爽やかなブルーの色が目を引くよ
 グラデーションがとってもきれて

d0125765_7270100.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-01-13 07:31 | 冬の花 | Trackback | Comments(0)

フリズルシズル・ブルー

d0125765_7382489.jpg

パンジーはスミレ科スミレ属の園芸品種の総称である。
園芸品種の数は数千とも言われ、膨大である。
フリズルシズル・ブルーはそうした仲間の1つである。
タキイ種苗から発売されているF1フリズルシズル系に属する。
F1は First Filial Hybrid の略称で、交配された(Hybrid)雑種の(Filial)一代目(First)のことである。
優れた性質を持つ個体を掛け合わせ、両方の良い部分を受け継いだ次世代を意味する。
花弁の縁が波打つフリンジ咲きをするのが特徴である。
草丈は10~20センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11~5月くらいである。
開花の遅いフリンジ系の中では早生である。
花径は5~7センチくらいである。
ブロッチ(花の中央に円形に現れる色の模様)には個体差がある。
花弁数は5枚だが、フリンジ咲きをするので八重咲きのように見える。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の wittrockkiana はスウェーデン人の植物学者「ウィットロック(Veit Brecher Wittrock, 1839-1914)さんの」という意味である。
写真は12月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Viora x wittrockkiana


★ふさふさの花びらどこか重たげで
 一つ一つが姿違えて

d0125765_7384278.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-12-30 07:42 | 冬の花 | Trackback | Comments(0)

パンジー

d0125765_893569.jpg

パンジーはスミレ科スミレ属の園芸品種の総称である。
本来は多年草だが、日本では一年草として扱われる。
園芸名として三色菫(サンシキスミレ)の名が用いられる場合もある。
園芸品種の数は数千とも言われ、膨大である。
草丈は10~30センチくらいである。
葉は楕円形やハート形などで、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11~5月くらいである。
花径は4~12センチくらいである。
花弁数は5枚である。
花の色や模様は多様で、八重咲きのものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
なお、日本ではパンジーの小輪多花性の品種をビオラと呼んでいるが、両者の区別は曖昧である。
そのため、パンジー・ビオラとして並列に扱われることも多い。
花言葉は「物思い」である。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の wittrockkiana はスウェーデン人の植物学者「ウィットロック(Veit Brecher Wittrock, 1839-1914)さんの」という意味である。
写真は12月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
品種名はブルーフラッシュである。
花弁の縁が青紫色で真ん中が淡くなり、黒いブロッチが入る。ブロッチの周りの色はごく淡いクリーム色から黄色まで個体差がある。
花径は8センチくらいである。
サカタのタネから発売されているLRアリルシリーズのユニークカラー系である。
LRとはロングラン(Long Run)を略したもので、長期間咲くことから名づけられた。
学名:Viora x wittrockkiana


★物思いしているように見えないね
 寒さものかは弾けるように

d0125765_894976.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-12-28 08:11 | 冬の花 | Trackback | Comments(0)

ツンベルギア・キルキー

d0125765_954753.jpg

ツンベルギア・キルキーはキツネノマゴ科ヤハズカズラ属(ツンベルギア属)の常緑小低木である。
読み方は流儀によって異なり、ツンベルギア・カーキーとするものもある。
ツンベルギア属はアフリカや南アジアの熱帯地域に100種くらいが分布する。
同属のツンベルギア・アラタ(Thunbergia alata)に矢筈葛(ヤハズカズラ)の和名があり、属名の和名もヤハズカズラ属という。
本種の原産地は東アジアである。
樹高は1メートルに満たない。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、葉の縁の真ん中あたりに突起がある。
開花時期は周年である。
葉の脇に濃い青紫色をした漏斗状の花をつける。
花の長さは3~6センチくらいである。
花冠の先は5つに裂け、喉の部分は淡い黄色である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Thunbergia はスウェーデンの植物学者「ツンベルク(Carl Peter Thunberg, 1743-1828)さん」の名からきている。
種小名の kirkii はイギリス人の医師で自然科学者だった「カーク(John Kirk, 1832-1922)さんの」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Thunbergia kirkii


★新しいツンベルギアに出合ったよ
 カーキーの名はどこかで聞いた

d0125765_96128.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-12-04 09:08 | 四季咲きの花 | Trackback | Comments(0)